仮性包茎を治すセルフケア方法

仮性包茎は自分で包皮が剥けるので、自慰や性行為は案外普通に出来ると言われています。
ただ見た目が悪いのが欠点です。
加えて恥垢が溜まりやすく、独特の匂いが発生するのも欠点であり、女性からすると不衛生な状態に見えます。
仮性包茎の男性とはセックスしたくない、そう感じる方々も多いかもしれません。
その治す方法ですが、時間をかけて丁寧に包皮を剥く練習をするのがオススメです。
軽い仮性包茎であれば、自力で包皮が簡単に剥けます。
陰茎はデリケートな場所であり、清潔感がある場所で包皮を剥く練習をしたいところ、具体的にはお風呂場がオススメ、身体を夜洗う時にルーチンワークとしてトレーニングをしてみましょう。
石鹸を陰茎につけると痛みが走ったり、体調不良の原因になりますので、潤滑性を持たせたいと思っても、ボディーソープを直につけるのはやめたいところです。
あくまで素手とお湯でじっくりと時間をかけて包皮を剥いていき、多少の痛みや不快感に耐えて、亀頭が露出した状態を少しでも長くキープする訓練をしましょう。
地道な訓練ですが、いわゆる剥く癖を何度も何度も繰り返しつける事で、最終的には手を加えなくても普段から亀頭が出る状態になり仮性包茎のコンプレックスが改善します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です