仮性包茎を治す場合、できるだけ手術はしたくないですよね。
コストがかかるだけでなく、危険もあります。
とはいっても注射一本で終わるような手術もあるので、それほど心配する必要はないという意見もあります。
仮性包茎の治療はほとんどの場合に健康保険がききません。
やはり費用が一番心配なところでしょう。
仮性包茎ならそのまま放置していても特に問題はないのですが、やはり男としての自信につながります。
銭湯へ行くとき、温泉旅行へ行くときなど「包茎がばれたら」と心配になる気持ちはだれにでもあります。
包茎ではない人はそんなことなにも気にしないのに、そんなことで精神的ダメージを負っていたら損をしますよ。
手術なしでも仮性包茎は治ることがあります。
よく紹介されているのが「ブリーフではなくトランクスを履く」ということです。
それもやわらかい綿の生地ではなく、できるだけペニスが擦れて刺激を受けられるような硬い生地のほうがよいです。
普段から亀頭の部分をこすって刺激に慣れさせておくことが治療につながります。
皮がむけていないと意味がないので、トイレに行ったときに皮を被っていたらむくようにしましょう。とにかく普段から亀頭の部分を出して鍛えることで、包茎が改善にむかいます。